• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3
  • スライドイメージ4
leftBtn
rightBtn

価格の決め方

今後結婚相談所を運営していく上で避けて通れないのが、サービスの価格を決めることです。一概に結婚相談所と言っても、料金体系は運営している個人や企業によって大きく異なります。もちろん、どの価格体系を採用するにしても、根本的な料金の仕組みを確実に理解しておきたいのは、当然ながら言うまでもありません。ここでは、一般的に結婚相談所で採用されている主な料金体系について見てみましょう。

まずは成果報酬型のパターンについてです。これは、サービスを利用したお客様がカップル成立した場合に発生します。このケースですと、月会費や入会金はそこまで高額ではありません。お見合いが上手くいった場合に成婚料が高く課金されるからです。もし成果報酬制の料金体系を採用した場合、成婚者の数が増えるまでは収益的に厳しいですが、一度軌道に乗ってしまえば、成功の道を歩むことができるでしょう。次に、教育を提供するタイプの場合についてはどうでしょうか。この場合は、相談所によって異なりますが、入会金に重きを置いていることが多いです。婚活のアドバイスは、料金に含まれていることがほとんどです。もちろん、成果報酬型と教育提供型を合体させたような料金体系で考えるのも、場合によっては効果的です。

どの価格体系で設定しても、絶対の正解はありません。キャッシュポイントをどこに置きたいか、事業プランはどういうものであるかなどによって決めれば良いでしょう。